洗車をマイクロファイバーで楽にする。

更新日:3月2日

なんさつ







物をつくる時の考え方をまとめたページ → 特徴



弊社のタオルの話やマイクロファイバーの話ではなく、

タオル使い、お掃除大好き人として、とても参考になるので、


新津春子さんのお言葉を少しご紹介させていただきます。



世界一清潔な空港の清掃人として、

テレビや書籍で一躍有名になられたのは記憶に新しいです。



プロフィール 


  • 中国・瀋陽生まれ。17歳で来日、高校に通いながら清掃の仕事に従事する。

  • 日本空港テクノ株式会社に入社後、全国ビルクリーニング技能競技会で最年少優勝。

  • 羽田空港の清掃を中心に手がけ、同空港が2013年、2014年、2016年と世界一清潔な空港」に選出された功労者のひとりとして活躍。

  • 2015年4月からは「環境マイスター」として、技術指導や知識伝達を中心とし、後輩の育成にあたる。

  • 現在約500人いる清掃員のリーダー

などなど アマゾン抜粋



このお掃除のプロが 


掃除は「クロス」を使って上手にサボりなさい!

清潔な暮らしは1枚のタオルからはじまる!


とおっしゃっています。


私が言うと、餅屋になるのですが、事実だと実感しています。


私はタオルもですが、掃除自体が好きなので、

最新のお掃除器具からそこそこにお高い掃除道具まで大体揃えています。


ですが、


最終的に、シンプルで使用制限がなく、効果の一番高いタオルやクロスが

なんだかんだで一番使用しているように思います。


シンプルというのは、後片付けや掃除後、事後も含めてになります。

ですので、クイックルワイパーやコロコロ、はライバルですが、画期的だと思います。


ですが、ここに、綺麗にしたい。毎日したい。費用面、行動速度、保管、買い物、などを

実感できるレベルで追い求めだすと、


タオル必須!での掃除に必ず辿り着きます。


雑巾がけってどうですか?学校、レストラン、病院、工場、

古今東西、現代でもタオル拭きではないでしょうか?


コストの面だけではなく、効果が十分であるからです。


勿論ルンバみたいに自動でタオル掃除してくれるならいいですが、

まだまだ、細かい掃除は無理そうです。メンテナンスもめんどくさい。。


不要とは言っていません、必要だと思います。

タオルで出来ないことも沢山ありますし、

タオル一枚でどうにかなると言ってもいません。


ただ、タオルがあることで、タオルの性能の見方を変えて見るだけで、


たかがタオル、たかがマイクロファイバーが

最高のパートナーになったりもします。


新津春子さんにいつか弊社のクロスをプライベートでも使用していただけるように、

これからもたかがタオルづくりに熱中したいと思います。




閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示